• インフォメーション
  • facebook
  • instagram

HOME > 出張祭典について

出張祭典について

家を建てることは人生で一大事業であります。
一日も早く立派に完成されますこと心待ちと拝察申し上げます。これからもいかなる災いも無く永遠にに立栄えることを願いまして、地鎮祭より入居に至るまでの祭典についてご案内いたします。

地鎮祭「じちんさい」・「じまつり」

土木工事を始める前に、敷地の神様にお願いし隅々をはらい、工事の安全土地の平安堅固を祈願する祭りです。

上棟祭(永代棟札を取りつけます)

棟上げ・たてまえともいわれます。新築される際、棟木を棟(家の最上部)に挙げるときに行われます。建物の神様に、上棟・むねあげまで建築が進んだ感謝と完成までのご加護を祈願する祭りです。永代棟札に施主・施工・年月を記入して棟木に取りつけ、永代家をお守いただきます。建築方法によって棟木のない家の場合は天井裏にまつります。

新築祭(竣工祭)

建物が完成すると家そのものに神が宿ります。家の神、火の神、水の神、土地の神等に対してご報告し感謝の気持ちを捧げ新しい部屋ごと祓い清め、建物の堅固安全、家族の健康、永遠の繁栄を祈る祭りです。
※この時に神棚を設けたら良いでしょう。
※又、永代棟札をとりつけてない方には名前を記入して差し上げます。
※神主が伺い祭典奉仕いたします。

建築、土木関係祭

完成に至っては竣工祭があります。
土木関係では橋梁の竣工式・渡初式・建碑除幕式・その他種々、建築関係では落成式・開店祭・開所式・火入式・初機械の清祓・増改築及び新築清祓等があります。
これらのお祭りは神恩に感謝し、完成を祝すとともに健全なる繁栄をお祈りする祭りであります。